人間にとって寝る事はとても大切な事ですが、当たり前だからこそ大切にする事を忘れがちになる事も多いと思われます。

筋肉トレーニングを始め、ボディメイクに力を入れようと考えている方は「睡眠」について筋肉トレーニングに無関係な問題ではありません。

なので、今回は筋肉トレーニングを充分にした際には充分に身体を休ませる事がとても大切なのです。

自分の理想の体型に近づける為には筋トレだけでは不十分です。

身体を回復させる為には睡眠で筋肉増加の効果を高める理由などを説明させて頂きたいと思います。

また、どのようにすれば効率よく筋肉増加や回復されるような睡眠ができるのかをまとめてご紹介したいと思います。

※睡眠中の成長ホルモンの働き
筋肉増加させる為には睡眠が大切と言う理由についてご説明させて頂くと、筋肉の増加を助けてくれる成長ホルモンが睡眠中に分泌されると言う事なんです。

勿論、増加だけではありません。

筋トレをする事で、筋肉が痛みの回復までを手助けてくれる、そんな成長ホルモンの働きがあります。

とくに、睡眠中に最も分泌されやすくなるので睡眠はとても大切なんですね。

勿論、寝不足や眠りが浅い場合は充分な睡眠をして成長ホルモンが活発になる訳ではありません。

寝つきが悪かったり、あまり寝れていない場合は翌日に疲れが残っていたりもしますよね?

なので次に充分に睡眠を確保するために、いくつか方法をご紹介したいと思います。

上質な睡眠が出来る方法

成長ホルモンが活発にさせる為には深い眠りにつくと言う事が大切になります。
そして、上質な睡眠ができるようにする為にはいくつかの注意点がありますのでご紹介したいと思います。

寝る前に入浴タイムを

就寝前に入浴をする事によって深い眠りに入りやすくなると言われています。
就寝に入る30分から1時間前が理想の時間帯となりますのでぬるめのお湯にゆっくり浸かり1日の疲れを取りましょう。
そして身体が冷えてしまわない内にベットに入り就寝に付くことがおすすめです。

就寝前の筋トレはやめましょう

筋肉を鍛えたい為に就寝前に激しい筋トレをする事はおすすめしません。
身体に負荷をかける筋トレをする事によって脳内が緊張状態に陥る事がありますので睡眠の妨げとなってしまいます。
筋トレは仕事終わり等に力を入れ、就寝前は身体を動かしても軽いストレッチ程度で抑えておきましょう。

〇就寝前に刺激物を摂らない
筋肉アップ目的やダイエット目的のある方には就寝前の飲食は基本避けるようにしましょう。
そして就寝前に刺激物、例えばカフェインや辛いもの等も避けましょう。
カフェインは眠気をさましてしまいますし、食べ物を胃に入れてしまうと身体は休まず働く事になってしまいますので注意しましょう。

寝る前のテレビやスマホを視聴する

就寝前にテレビやスマホを見るのは止めましょう。
上記でも説明しましたが、脳内が緊張状態をなってしまう事で眠気がさめてしまいますので睡眠の妨げとなってしまいます。
就寝前にはリラックスできる状態で自然と眠りにつける環境を整える事が大切です。

睡眠時間はどのくらい確保すればいいのか

次に深い眠りにつくためにはどのくらいの時間睡眠時間を確保すればいいのかをご紹介したいと思います。

リラックス状態で睡眠につくと最初は浅い眠りに入ります。

そして徐々に眠りが深くなり「レム睡眠」の状態に達する事が一般的な睡眠のメカニズムとなります。

ノンレム睡眠とレム睡眠で約90分サイクルだと言われていますので最低このサイクルを4回行うと良いとされています。

時間計算すれば6時間以上の睡眠と言う事になります。

しかし、疲れがたまっていたり筋肉トレーニング頑張って身体を使った場合等は4サイクルよりも増やす事をおすすめします。

なので、起きなければいけない時間を逆算して睡眠につくと疲れが取れ、とても目覚め良く起床できると言う事です。

今回、筋肉を効率よく鍛える為にも必要な睡眠についてご紹介させて頂きました。

普段の生活の一部である睡眠ですが成長ホルモンと言う筋肉を増加させたり、回復させたりする働きがあります。

この成長ホルモンは睡眠中に活発な働きをしてくれる事から充分な睡眠を確保する必要があります。

上質な睡眠が出来る様に就寝前には身体をリラックスさせる事、睡眠時間の確保も大切です。

そして、回復した翌日からまた頑張って筋トレを頑張ましょう!